読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろライフ

気ままに書いてます

ヒッチハイクがやりたくなって群馬から福岡までヒッチハイクした話 前編

ヒッチハイク

初めまして、私は群馬県に住んでる大学生で2016年の11月2日から11月7日までヒッチハイクで旅をしていました。

 

そしてそのヒッチハイクの記録をしたいなと思いブログを書くことにしました。

 

また、群馬の高崎からヒッチハイクをした というようなブログなどがあまり見つからなかったため、私の体験を公開し共有することによりこれから群馬の高崎でヒッチハイクをしようと言う方に役立ててもらえるのではと思いました。

 

写真などはあまり撮らなかったので味気ない記事になるかもしれませんが、そこはご了承ください。

 

 

1日目

まず、自宅から高崎ICまで歩く。

 

自宅から高崎ICまでかなりの距離があり2時間くらい歩きましたね。

 

到着し、私は最初東京方面に行こうと思ったので、

f:id:kurohibi:20161107030111j:plain

ちょうどここでスケッチブックを掲げてました。

 

始めた当初は正直すごい恥ずかしかったです。

 

通る車に乗ってるドライバーのすべてが自分の方を見てくるので、最初は恥ずかしさでこの場から去りたいと正直思いましたね。

 

ですが、私はこのヒッチハイクをやり遂げ、有言実行を成し遂げるという目標がありましたので、そして何か一つ達成したという事がほしかったので、ここで逃げるわけにはいかないと思いながらなんとか開始15分程度で東京方面に行く方に乗せて頂きました。

 

当初は三芳SAで降ろしてもらう予定だったのですが、乗せてくれた御夫婦の方々と話していくうちに海老名まで乗せてくれることになりました。

 

一旦、東京で下道にでて、東京の街並みを見ながら、あのヒッチハイクの名所

 

用賀ICを見ました。

そして海老名に到着しそこで昼飯をご馳走になりました。

f:id:kurohibi:20161107031456j:plain

f:id:kurohibi:20161107031459j:plain

私は非常にラーメンが好きなので奢ってあげるよ、なにがいい?と言われたときに真っ先にラーメンがいいですと答えました(笑)

 

私は両親が高速道路に乗りたくない下道で行きたいというタイプの人間で、生まれてこの方数回くらいしか高速道路に乗ったことがなく、SAやPAもあまり行った事がなかったので海老名SAについたときは中々にワクワクしました

 

それに海老名SAはSAの中でもかなり大きい部類らしく、その大きさにも驚きましたね。

 

海老名で休憩後、本来なら海老名で降ろしてもらうはずだったのですが、心配だから静岡の浜松西区まで送っていくよと言われ、浜松西ICまで乗せてもらうことになりました。

 

そして静岡に向かってる最中の高速道路で富士山が見えて私は富士山を見たことが無く、その時は生憎曇っていてあまり綺麗には見えなかったですが、その圧倒的な大きさには度肝を抜かれました。

 

そして静岡県浜松西ICに到着し静岡の友達に会いに目的の場所まで行き

 

そこで友達と会い、ヒッチハイクの話などをして

 

もしよければ一緒に福岡に行かない?と誘ったら、なんと一緒にヒッチハイクしてくれることになり、浜松西IC付近の道路でスケッチブックに名古屋と書いてまたヒッチハイクを再開しました。

 

再開したはいいものの2時間たっても乗せてもらうことができず、そこで私はヒッチハイクをする前に読んでいたブログに書いてあった30分経っても乗せてもらえない場合はスケッチブックに書いてある場所か立っている場所が悪いという言葉を思い出し場所を変えてみました。

 

これでもダメなら静岡で一泊しようと思っていた矢先に

 

場所を変えてやったら豊橋まででよければと乗せてくれた方がいてヒッチハイク成功し

浜松西ICから新城PAまで乗せてもらいました。

 

新城PAではもう時間が19時とかだったので、人が少なく、スケッチブックを掲げても、意味なさそうだと思ったので、新城にいる方たちに声をかけて

子連れの方に声をかけたら上郷まで乗せてもらえることになり

上郷SAまで乗せてもらいました。

 

上郷でまた2~3時間立ち往生をし、ここはもしかしたら泊まりコースかと思ったのですが、22時にようやく車が見つかり、尾張一宮PAまで乗せてもらいました。

 

そして尾張一宮PAにつき神戸方面とスケッチブックに書き待つことに

ですが、時間が時間なので車も少なくヒッチハイクが難しいと薄々思いながらスケッチブックを掲げたら、ちょうど神戸方面に行くという方々に乗せてもらい

尾張一宮PAから加西SAまで

 

加西SAについたのが2時でしたのでもうここで夜を過ごすことにしました。

 

食堂で軽く食べてからテーブルに突っ伏して寝てましたがまぁよく寝れるわけもなく、そんなこんなで二日目に

 

2日目

朝6時からヒッチハイク再開。

 

スケッチブックには岡山方面と書き

 

7時に乗せてもらい

 

加西SAから上月PAまで乗せてもらい

 

上月PAで試しに西へとスケッチブックに書き、掲げていたら

 

ヒッチハイクやってる!すごい!と子供連れの主婦の方々に囲まれ、一緒に写真を撮ったりしたのちに話していたらなんとマイクロバスに乗せて頂く事になり勝央SAまで乗せてもらいました。

 

バスの中では質問攻めに合い、かなり大変でしたが面白かったです(笑)

 

勝央SAに降りて辺りを見回したらバイクが多くて、なんとその中にKAWASAKIのNinja H2を発見!

f:id:kurohibi:20161107190650j:plain

動画や写真でしか見たことがなくて、実物を見るのははじめてだったのですがすごくかっこよく、高級感のあるバイクで割と長い時間みてました。

 

稼げる男になったらいずれはこういう大きい排気量のバイクとかに乗りたいですね。

 

 そして勝央SAにて広島方面とスケッチブックに書き掲げて、広島方面に行く方に乗せてもらい、宮島SAまで乗せてもらいました。

 

宮島SAは広島の街の景色が見えたりして次もし広島きたらじっくり観光したいなぁと思いました。

 

宮島SAにて少し広島の街を見たり休憩したり、宮島SAまで乗せてくれた方に昼食を御馳走になったりして、次の目的地を山口に変更しまたヒッチハイク再開。

 

そして30分後くらいに佐波川SAまで乗せてくれるという夫婦の方に乗せてもらい

佐波川SAまで

 

もうここまできたら福岡もあと少しなので目的地を福岡に変更!

 

そして佐波川SAにいる方々に声をかけたりしながら待つコツ数十分

 

なんと、僕たちがヒッチハイクをしているのを見ていた方が声をかけてくれて、話をしてその方が福岡に予定があるので乗せてあげるよという事で福岡まで一気に乗せてもらいました!

 

初めて関門海峡を渡りましたね。

 

福岡に入ったときはまさか初めてのヒッチハイクでここまでこれると思わなくて、正直感動しましたね。

 

やる気になれば、なんでもできちゃう事と失敗を恐れずに行動することの大切さを体験しました。

 

そして目的地の福岡県、宮若市に到着。

 

ちなみになぜ、福岡県の宮若市なのかというと友達が住んでいるからです。

 

そう今回のヒッチハイクの旅の目的は福岡に行きたいというのもありましたが、福岡の友達に会いにいくのが一番の目的だったんです。

 

友達は、まさか本当にくると思っていなくて、とても驚いていましたし

それ以外の友達もまさか本当に行動に移すとは思っていなかったらしく、半ば冗談だと思っていたらしいですので、良い意味でみんなの予想を裏切って、とてもその時は達成感がありましたね。

 

とりあえず、行きの話はここまでですかね。

 

今度は福岡から群馬の自宅に帰るまでの話を書きたいと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 ↓後編

kurohibi.hatenablog.com