読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろライフ

気ままに書いてます

高卒認定試験とは、そして自分がした勉強法

勉強

このブログを見てくれている方は高卒認定試験というのを御存知でしょうか。

 

正式名称は高等学校卒業程度認定試験と言って

 

要はその試験に合格したら大学や専門学校などの上級学校に進学できるよっていう試験です。

 

 自分はこの高卒認定試験を受けて、合格しています。

 

もちろん一つの試験に合格すればいいというわけではなく、人によって受ける科目数が変わったりします。

 

自分は高校を2年間以上在学して単位をとっていたために免除できる科目が多く一科目だけ受けて合格すれば進学できるよという状態でした。

 

そして自分は当時進学したかったので受けることにしました。

 

高卒認定試験は年に2回8月と11月にあります。

 

私はあまり急ぎたくない人間なので8月に受けることにしました。

 

ちょうど受けようと思ったのが高校3年になりたてくらいの時期でしたかね。

 

私は4年制の高校に通っていたので、3年で進学するためにはこの試験に合格し進学するしかなかったのです。

 

当時は4年で卒業して進学とか就職を考えてなかったので。

 

今思えばすごい小さい事ですがね。

 

ですので時間としては充分あり、余裕を持って勉強できるのですが

 

自分はまぁ、試験日が近づくまであまり何もやりませんでしたね。

 

受けた科目が日本史Aで、やっていた勉強法と言えばひたすら教科書を読むことくらいですかね。

 

実際これが一番良い勉強法だと感じました。

 

知識がなければいくら簡単と言われてる高卒認定試験の過去問だろうと多分点数取れないと思ったので、ひたすら日本史Aの教科書や日本史の本などを読んでいました。

 

もし、高卒認定試験の日本史を受けようと思っていて勉強法に迷ってるのであればひたすら教科書やテキストを読むことをおすすめします。

 

ちなみに私がおすすめするのはこれ

高卒認定ワークブック改訂版 日本史 (Perfect work book)

高卒認定ワークブック改訂版 日本史 (Perfect work book)

  • 作者: J-出版編集部
  • 出版社/メーカー: J-出版
  • 発売日: 2008/04/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログを見る
 

 このシリーズは軒並みAmazonで高評価ですし、実際自分も使ってましたが、過去問や詳しい解説も乗ってるので、非常におすすめです。

 

私は過去問を試験日の2週間前からやりだしましたかが教科書や本を読んでいたおかげか、すごいスムーズに点数もとれ、実際の試験も自己採点で80点とれてたので、本当にこのひたすら読む勉強法はおすすめです。

 

ちなみに、合格点は100点満点中40点ですので、過去問やらなくても多分40点くらいなら多分取れると思います。多分ね。