読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろライフ

気ままに書いてます

遊戯王アークファイブに対して思った事

アニメ

4月から遊戯王の最新作が放送するということで新しい主人公のビジュアルが公開されてました。

 

まあそれはいいとして私が思ったのは本当に4月でアークファイブが終わりなのかということです。

 

4月に今の融合次元編が終わって新章突入なのかと思っていたのですが、新シリーズが始まるという事は今の融合次元の話が終わったらアークファイブは終わりということです。

 

私は1話からアークファイブを見ていますが、このアークファイブは主要なキャラが過去作よりも多いですよね。

 

というより多すぎるくらいにはいますよね。

 

多いが故に遊矢のデュエルが少ない気がしますし、遊矢って過去作の主人公達と比べて、とても強いようなデュエリストとデュエルして勝った事って少ないですよね。

 

零王なんかほとんどデュエルしてないですよね。

 

遊戯王って色々な人とデュエルをしていくことで強くなると思うんですけど、いざデュエルしても結局勝敗がつかずに中断とかがアークファイブはあって、全然主要メンバーたちが強くなってる感じがしないんですよね。

 

そして、ピンチの時はフィールドを駆け巡ってのアクションカード。

 

アクションカードのせいでどうも緊張感がないです。

 

結局ピンチになってもどうせアクションカード拾って、ピンチを脱却するんだろう?って思ったり、どうせ中断されるのかと思うとなんか楽しくないです。

 

アークファイブを見ていると、Angel Beats!という作品を思い出します。

 

Angel Beats!は面白かったのですが、キャラがかなり多く13話だけでは足りない印象しか残りませんでした。

 

風呂敷を広げすぎたり、主要キャラを増やしすぎたりすると、展開も遅くなりますし結局その風呂敷を畳めずに終わることが多いと思います。

 

かといって主要キャラを少なくしすぎても良いというわけではないですから難しい話ですがね・・・。

 

アークファイブは過去作のキャラに頼らないでもう少し話の展開をはやくして、中断デュエルをなくし、アクションカードもなくせばもう少し面白くなったのではないかと思いました。

 

まあ僕はなんだかんだでアークファイブは最後まで見ます。

 

と共に次回作に期待します。