読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろライフ

気ままに書いてます

イナズマウォーカーVol.3「ついにあいつが帰ってくる…!」 感想

アニメ

月1の楽しみであるイナズマウォーカーが配信されました。

 

ということでざっとですが見てきました。

 

といってもウォーカーの感想ではなく、アウターコードの方の感想になります。

 

まず、ダブルKが個人的にかなり気になっていて、最初は影山と鬼道かなという安直な考えをしていたのですが、かなり予想を裏切られましたね。

 

まさか風丸だったとは思いもしませんでしたね。

 

源田に佐久間に不動に風丸ってみんなエイリア石の力で雷門に立ちふさがった面々じゃないですか。

 

 闇落ち組がまた雷門に立ちふさがるっていうのは熱いですね。

 

不動と言ったら、鬼道のイメージが強いんですが、今回鬼道は多分ですが、星章の強化委員でしょうし、鬼道のいない帝国の頭脳としてどういう活躍をするのかが非常に楽しみですね。

 

そしてキャプテンは佐久間とはなってましたけど、佐久間がキャプテンだけど、チームに指示をするのは不動とか風丸みたいな感じになりそうですね。

 

しかし、風丸が影山のことを総帥と言って行ったのはかなり違和感がありましたね。

 

風丸っていったら、驚異の侵略者の時に力を求める発言が多い印象が個人的にありましたので、割と勝利だけを求める影山と相性いいような気もしますね。

 

そして最後の風丸が言っていたインペリアルサイクルが非常に気になりますね。

 

新たなタクティクスと言っていたので、必殺タクティクスだと勝手に思ってはいますが、それはアニメ化されたときのお楽しみでしょうね。

 

そして次回のイナズマウォーカー配信日は3月20日だそうです。

 

まさかの2月やらないっていう・・・・。

 

気長に待つことにします。